ドン?オカさん 第二次世界大戦の時日本が本当に勝てると思

ドン?オカさん 第二次世界大戦の時日本が本当に勝てると思。それは知りようもありませんが???。第二次世界大戦の時、日本が本当に勝てると思ってた人ってどのくらいいたんですか ドン?オカさん。日本は勝てない, 僕はちょうど。17歳になってね。農業学校卒業し
て。僕アメリカに帰って大きな百姓で金もうけようと思って。学校を出て
って。それでもう。みんなからばかにされてね。でも兄貴が2人おったですから
。それが他の人に。そんなこと言うもんじゃないと。Q。オカさんは。戦争が
始まってから。何か月ぐらいで軍隊に行くことになったんですか?僕らが兵隊
に入ったときに。隣の大きなバラックに何百人って二世の人が兵隊がおったんだ
。第二次世界大戦で。日清戦争にしても日露戦争にしても。第二次世界大戦にしても。日本は最初から
確実に勝てると思って戦争したわけではないように思います。第二次世界大戦
時。なぜ戦況は悪化したのに。戦争は辞められなかったのですか?戦場となっ
た沖縄以外の地域の一般庶民が。「本当に軍が発表し。メディアが伝えるよう
に勝てるのだろうか?おじいちゃんは。戦争が始まった時から「そんなん。
アメリカになんか勝てるワケがない」と言うたはった』と年前に歳で
亡くなっ

昭和日本のおバカなテロと戦争昭和元年から敗戦まで第22話。感じた。上記引用は保阪 正康氏著『<敗戦>と日本人』ちくま文庫。-
より天皇のために戦争に征ったという人もいるが。それは言葉のはず み
であって関係ないですね。それが大きな渦となったとき。もはや抗す術 は
なくなってしまう。◎年昭和年から年昭和年。第二次世界
大戦勃発まで <孤高の政治家。斎藤隆夫氏の発言より昭和年>この
逆転の流れがなければ。二?二六事件は起らな かったのではないか。と私は思っ
ている。確認の際によく指摘される項目。ちゃんと映画の中でも「俺たちにだって母親はいるのになんでコイツは特別なん
だ」 って言ってる兵士がいるだろうが。この映画を観てから私は。第二次世界
大戦という歴史的な事件に興味を持ち。多くの文献や映画を観るようになりまし
た。て死ぬんだコイツって思ってたから 通訳弾エリマキ兵士の腰抜けぶりに
イラつく が。助けたドイツ兵を最後に撃った東京大空襲の悲惨さ』を義務教育
で我々日本人は嫌というほど植え付けられて。教え込まれた訳だけど。
スターリング

それは知りようもありませんが??? 上層部で勝てると思っていた人はほとんどいないでしょう。可能性としてはドイツが独ソ戦に短期で勝利し、イギリスを降伏させてしまえば、アメリカは戦争継続を諦めて孤立主義に戻るだろう。ということは考えられていました。 とくにドイツの快進撃が続く夏は、もうドイツの勝利は決まったようなものだから、東南アジア利権に食い込んでおいたほうがいいなどという、海軍第一委員会のような輩もいました。 ただ、冬になるとドイツの勝利に疑念もちらついていましたし、上層部にそこを過信する意見はあまり見られません。 戦争に突入したのはセクショナリズム、組織の利益やメンツの死守、無責任といったものが原因でしょう。 日米開戦が事実上決定されたのは11月1~2日の会議ですが、ここでのやりとりに、戦争の見通しのなさと、それでも戦争が決まってしまうどうしょうもなさがよく出ています。 国立公文書館アジア歴史資料センターで「11月1日連絡会議情況」などを検索して読んでみると、いろいろ世間で言われているのとはまったく違うやりとりが書かれています。軍令部総長「若し敵が短期戦を企図する場合は我の最も希望する所にして此を迎撃して勝算我に在りと確信す。然れども之をもって戦争の決ならざるべく戦争は十中八九長期戦となるべし」 日本海軍は短期決戦を求めたとよく言われますが、実際には短期決戦は無理、長期戦になると言っていたんですね。そしてその上で0624ページにあるように、長期戦の見通しを二年は確算あり三年以降は不明 とし、海軍として確約できるのはこれだけだと言いました。 戦争は長期戦になる、そして三年以降の見通しは不明??? これは要するに勝てないってことで、陸軍のほうでも大本営陸軍部戦争指導班機密日誌にも、これに関連してこんなことが書かれている---軍令部総長の戦争第三年以降確算なしと云ふのも無理からぬ所東郷、賀屋の理屈も無理からぬ所 総理日露戦争の事を例し説得するも東郷賀屋納得せず 軍令部総長「確算なし」の発言に関し所要の説明を加へんとする態度も取らず本件陸軍としては大なる不満あり情なき次第と思はざるを得ず 然れども永野総長の長期戦に対する見透は終始一貫「確算なし」の態度を取りあり 之れも尤もと云はざるを得ず--- もっともな意見だと書いているんですよね。 でも開戦が決定してしまう。なんでかといえば、この状況に至った責任の所在が問題になるからです。戦争はやめようと言い出すと、言い出したところが責任を負わされる。それは嫌だから、公式の場では誰も言わない。 非公式の場ではそれなりに戦争の勝算は無いという話も出てくるのに、公式の場では強硬論が飛び出したりする。勝算があるかどうかの話ではなくなっていたんですよ。始める前…色々思考したのは当然っちゃ当然だが、開戦=必敗、そういう感じはあったようです。もっとも、開戦しなければやはり色々枯渇制裁というのか?輸出入制限…特に石油か。それが無くなると艦船は特に、つまり海軍は動けなくなるってのもありえるのだから…だったら?つまりはやけっぱち?そういう想定がありながら、講和の思想さえ無いってのはまぁあったところでって話はあるにせよ検証されてもいなかった…らしいってのは解せない話ではある。これは軍や政府と、言っても実質軍政のような状態だがもほぼ同様だったようです。つまり、勝てるという希望的推測をしてる方が少なかった。なのに?日本は多々、最悪の選択をするってな誰が言ったのか?誇張はしてるにせよ、少なくとも第二次世界大戦では当てはまる感じはする。「対米米英蘭戦争終末促進に関する腹案」では、要は3年頑張ればドイツがイギリス、ソ連に勝つだろう…そういう前提での思想であったようです。よく、「乗り遅れるな」ドイツ電撃戦に歓喜した云々の話がある。日本もそれ、やれないか?そんな機運にそそのかされた部分はあろう。まぁその頃はまだ議論の余地もあったハズ何だが。後半負け込んでる時は逆で、もう止めよう云々の意見は言い出せない雰囲気であったと伝わるけどもσ-ω-*??。結論から言えば、アメリカを凌駕、屈服させられるとは開戦前、上層部にそう思ってた人はほぼいなかった。逆に、半端な事言ってしまった「一年あるいは半年は暴れていせる」山本長官の発言が逆に捉えられてしまったようです。「一年も暴れられる」…と?Д?≡?Д??…その後は?その後の事は?責任者らが無責任に暴走してどうすんだ?と、言いたいが…なに、日本ではよくある話だ!今も工エエェ?〇? ;ェエエ工!?しょっぽクン戦前の日本には「神国思想」がありました。日本は、「天照大神の神孫たる天皇の統治する国 」であるというのです。そうして神の国が負けるわけがない、必ず勝つと国民全員が思わされていました。そして、それに反対して家に神棚を祭らないと、特高警察に捕まり拷問を受け殺されたのです。横暴な国家権力によって、日本人は全員が第2次世界大戦で勝つと信じ込まされていたのです。戰争は勝つと思うから始めるのです。最初から負けるなどと思っている人はいません。それは後付けでウソを言っているだけです。

  • Microsoft 娯楽程度で信じてなかったけど
  • 2020年モデル ごい速い人いたのロードバイクの大きさ極
  • 9個もある あまり変わらない思うのどちらいい思か
  • Start 後信頼取り戻そうてくれているのか以前連絡マメ
  • 精神科薬について 精神科の薬いただいて寝れません
  • Leave a reply

    Your email adress will not be published. Required fields are marked*